2018年2月9日金曜日

ケースファンを交換しただけで一苦労

自宅機のケースファンを交換した。

一昨年あたりから例年冬場になると冷え込みのせいなのかケースファンの軸ブレが激しくほぼ常に壊れた換気扇のような轟音を響かせながら稼働していたがとうとう我慢ならずケースファンの交換に踏み切った。

筆者の使用している筐体はCooler Master Elite 130 Cube
ケースファンは前面の120mmファンと右側面の80mmファン。

で、今回はこの2か所を交換。
当初は前面のみ交換を考えていたが右側面側も軸ブレがひどいため両方とも交換することになった。


前面はMasterFan Pro 120 Air Balance、筆者としては極力ブランドを統一させたい方針であったがCooler Masterは80mmファンを出してないため右側面はオウルテックの汎用ファンで交換することにした。


早速組み込み開始。120mmファンは標準は3ピン電源だったがMasterFANはPWM4ピン電源のためソフトウェア経由でのコントロールが可能になった。後右側面も標準は3ピンのみだが交換用のファンは3ピン+ベリフェラル4ピンのため電源供給の補強にもなった。

が、筆者の環境はMini-ITX。ファン交換だけでもいったんすべてばらしたうえでの作業。結構これが精神的にしんどい。


ええ、ケースファンを交換しようとしただけでこれです。
で、クリーニングを兼ねてエアダスターを使うと意外と掃除が行き届いてない箇所もあり埃の塊が一挙に部屋中に飛び散る事態に

筆者の戦意が著しく低下。


で、ケース標準の120mmファンは押しピン方式だったが交換用のファンはねじ止め方式。
追加でM3の長ネジを追加購入したうえで設置。


そんなこんなでどうにか組み込みを終え、作業開始からおよそ5時間経過してやっと再組み込み完了。悲劇はこの後起きた。

起動するもOS読み込まず、ただ黒画面に「Reboot and Select proper Boot device~」のメッセージで呆然。
後にSATAの接続順序がごちゃごちゃになっていたため読み込み順序が狂ってOSが起動できなくなっていただけというあまりにもお粗末なオチであったがここですべての気力を使い果たししばらく放置という有様になった。

1日明けた後、システムドライブのSSDだけにして再度起動


修復プログラムの起動で時間はかかったものの最終的に復旧したので何よりではある。
ここまでの作業でおよそ2日に跨いで作業をするという結果に。

ケースファンを交換するだけでここまで一苦労するとは思ってもいませんでしたよ。

まあ教訓としては
・Mini-ITXはいったん組むとメンテナンスが非常に面倒。自作で組むなら通常のATXがベスト。
・メンテナンスでいったんPCをばらす時はSATAの接続に要注意。どこに何を接続しているのかを事前に写真にとるなりメモに残すなりで控えておくこと。忘れた場合はシステムドライブのみを接続した状態で再起動して問題なく起動できたなら最後に残りのストレージを接続すること。

で、おしまいに接続後の所感

軸ブレで四六時中壊れた換気扇のような音を立ててたPCが一気に静かになった。ただ右側面側の80mmファンは風きり音が大きいものの軸ブレに比べれば思ったほどではない。

というより軸ブレの方がシャレにならないレベルでうるさかっただけですけどね。

This blog is Sponsored by...

2018年1月27日土曜日

雑感:正直仮想通貨の投資は「ない」

はじめに:本記事はあくまでも筆者個人の所感という名の独り言です。

「仮想通貨で有り金全部溶かす人の顔が見たいー、あびゃー」
「かーっ!見せてやりてぇよマジ、仮想通貨で有り金全部溶かす人の顔ってのをさァ」


ダイナミック不謹慎失礼しました。

えー、ビットコイン暴落のニュースに続いてコインチェックのハッキング被害と仮想通貨界隈も大騒ぎですね。
今回の大暴落、並びにハッキング被害で大損害を出された方、ご愁傷様です。

まあ、正直今回の一連のニュースもそうなんですが改めて確信したのがタイトルの通り仮想通貨の投資は正直「ないわ」ということを確信することになりました。

理由はただ一点

・投資するものに対してそれを裏付ける「資産」もその「価値」も本質的にない

結論だけ言えば上記の通り、いわば「ないもの」に対して投資をしているから仮想通貨への投資は「ない」といえる。株式や債券や金・プラチナは分かる。

金・プラチナはそれ自体に価値があるので言わずもがな。株式や債券は発行体の信用(株式ならその会社の事業やブランドやその儲けなど)という価値に裏付けがされているという点で投資対象としてもわかる。(あくまでもこれは筆者独自の解釈、正直その方面の専門家からフルボッコにされかねない解釈だが)

一方の仮想通貨は裏付け資産も何をもってその価値を担保するのかも一切わからない。

結局「ないもの」に対してむやみやたらに資金をつぎ込みその結果として価格だけが上がる有様である。
他にもFXのような信託保全のサービスもなく、トラブル発生時の顧客の資産を守る仕組みもないというのもその一つ。

採掘(マイニング)も筆者個人としては正直割に合わない。
電気代を無駄に消耗するだけだしグラフィックボードの寿命も縮めるだけ。マイニング専用と割り切って使うならともかくゲームもやりつつその片手間で…、という場合は正直割の合うものではない。

後は支払い手段としても現状はまだ使い勝手がいいとは正直言えない。
筆者も僅かながらbitflyerでちょいちょい買い付けをしていて貯まったビットコインを買い物で使おうとしたものの結局断念したことがある。
実際の買い物で使えるところの一つとしてはビックカメラがあるが、あるとき台所の蛍光灯が切れたので買いに行ったついでにその支払いをビットコインで…と思ったら

「ビットコインでの支払いの場合免税レジのみでの会計となります」

という有様で結局泣く泣くクレジットカードでの通常支払いとなった。

結局投資対象としても正直「ない」し支払い手段としても使えないという有様、筆者の場合は結局のところクレジットヒストリーの形成のためのみになっているというのが現状だ。(bitflyerの場合はクレジットカードによる定期買い付けのサービスもある、筆者はここであまり使ってないクレジットカードで月1回の定期買い付け設定をしておりその買付分の引き落としがされるだけ、専ら筆者の信用情報にクレジットカードの支払いがなされてるという「$」マークが淡々とついて行くだけ)

まあ、後はそのビットコインがある程度たまったタイミングで都度都度現金化で引き出すくらいですがその引き出しをしたほぼ直後に大暴落が起こっているのである意味悪運が強いとも言えなくもないですが。(貯まったといっても買い付けペースが月1000円の最小額かつ引き出しの際に手数料とかをぼったくりレベルで取られるので実質ハナクソ程度の金額にしかなりませんがね)

結局ですがやはりインデックスファンドの積立買い付けとかETFとか手堅い会社の株式で細々地道に行くのがベストですね、買い付けた株式の配当金もありがたいものです。始めたばかりのころは年間でも買える物がうまい棒程度しかなかったのが買い付けを細々続けた結果気が付けば毎月ハーゲンダッツが1個買えるレベルの金額まで育ってきました。ありがたやありがたや。

というわけでここ最近の仮想通貨の騒動を見て思ったことをつらつら書きました。

教訓

投資の際によくわからん物に無暗にカネを突っ込むな、以上。

This blog is Sponsored by...

2018年1月19日金曜日

自宅クラウド構築記(メディアサーバー整備編)

ようやく、去年買って実質的に設置したままだったNAS、ついに名実ともに本格稼働開始です。

今回やったこととしてはこれ
・iTunes Serverの準備と展開
・iTunes Medeiaの同期元をNAS上で一元化

この2点だが筆者が頭を抱え一時放置状態だった理由はこれ
・iTunes Mediaのフォルダと音楽ファイルのフォルダがごちゃごちゃになっていたから

どういうことかというとiTunes Mediaのフォルダと音楽ファイルのフォルダがシステムドライブのSSD、ローカルのHDDの音楽フォルダ、更に何故かローカルのHDD上にもう1個iTunes Mediaのフォルダがあるという軽くカオスな状態だったために一度これを整理する必要があったこと。

で、その事前準備として
・いったんすべての音楽ファイルをNASへコピーしてデータの確認と整理・統合
・現在iTunesが参照しているiTunes MediaiTunes Mediaフォルダの確認
の2点を実施の後、iTunes Mediaフォルダの移動と整理を行った。

今回作業に当たってはここのサイトを参考にしながら行った
新しいPCにiTunesのデータを移行する手順|初心者にもわかるiPhoneの使い方

今回は単純にiTunes MediaのフォルダをNASに移行した後、単純にiTunesで参照するライブラリのフォルダでNAS上のフォルダを指定する、いわば今までのフォルダの場所の読み替えなので実作業としては非常に簡素である。ただ音楽データの量が膨大なので転送に時間がかかるがそれ以外の制約は特になし。


フォルダの移動をした後で、Shiftキーを押しながらiTunesを起動する。で、この時に画像の通りに「iTunesライブラリの選択」というダイアログボックスが出るのでNASへ移行した「iTunes」フォルダから「iTunes Library.itl」を指定するだけでOK。


後は参照しているiTunes Mediaフォルダの場所がNAS上のフォルダになっていることを設定画面で確認できれば完了だ。

後はこの要領で持ち出し用のノートPCからもファイルアクセスの設定とiTunesの設定を行い、筆者のiTunes Mediaの同期元の一元化とフォルダの整理は思いのほかあっさりと完了した。

また、当初筆者が想定していたiTunes ServerはSynologyのNASには標準で入っていること、加えて単純にNAS上のミュージックファイルに機器を問わずアクセスできるようにするだけなので特にiPhoneの同期で何か設定を行うものではないということが分かったため、ここは筆者の勘違いに終わった。

NASに移行してからの所感としてはメディアファイルの管理が楽になったというのが最大のベネフィットであること、ディスクアクセスかつNAS筐体自体がエントリーモデルなので若干ファイルの読み込みやiPhoneの同期でやや時間がかかる点を除けばこれといった不自由はない。

といった具合でようやく名実ともにNASが本格稼働できるようになった

This blog is Sponsored by...

2018年1月5日金曜日

GoogleHome Miniを早速使ってみて感じたこと

新年あけましておめでとうございます。

さて、正月三が日も過ぎて世間ではぼちぼち仕事始めムードになりつつありますね。
筆者は元旦翌日の2日から仕事始めでしたが。

と、いうわけで本題

昨年12月に買って商戦期やら自室の大掃除やらで結局未開封のままだったGoogleHome Mini。
漸く開封して早速使ってみたことをとりあえず書く。


最初に結論だけ書くと、GoogleHome単体でできることというのは非常に限られる。
Philips HueやChromecastといったGoogleHome対応デバイスや対応家電、Spotifyなどのストリーミングサービスと連携させて初めてその真価が発揮されるといった感じだ。

普段やってることをそのまんまGoogleアシスタントの音声入力で…と思ったらここは筆者が余りにも過度な期待をしていた節もある。

「OK Google、○月○日に~のスケジュール登録をして。」
「すみません、お役に立てそうにありません。もっと勉強して改善します。」

・・・。

といった具合でスケジュールの作成といった込み入った操作は結局これまでの手打ち入力になり、既に登録してあるスケジュールの確認やアラームの設定といったごくごく単純な操作レベルである。もっとも、これ自体は普段から使っていかないと自分が思うように操作できないといっても過言ではないが。

後は物理的な設置場所もかなりのネック。
USBケーブルの電源供給だが一人暮らしの部屋ではコンセントの場所にも制約が大きくケーブルやらなんやらで余計にゴチャつく有様となりスマートとはとても呼べるシロモノにすらならない。ここはせめてリチウムイオンバッテリーを内蔵させてほしかった。バッテリー内蔵ならばもう少しケーブルの取り回しやらなんやらで難儀することもなかったといえる。

開封して設定して見事に出ばなをくじかれて…。な有様だがGoogleHomeをはじめまだまだスマートスピーカーのような音声デバイスは出て間もないデバイスだからこれからさらに進化するものではないかと思う。個人的にはGoogleHomeでできることをどうすればよいかはこれからいろいろと調べて試行錯誤をするほかはないといったところだ。

さて、GoogleHomeだが設置は非常にシンプル

本体を電源につなぐだけ

電源につないでしばらくすると「GoogleHomeの設定をしてください」という内容のアナウンスが流れるのでAppStoreからGoogleHomeアプリをインストールして設定しよう。



GoogleHomeのアプリをインストールした後はウィザードの指示に従って設定を行うだけ、おおよそ10分ほどあればすぐに設定できる。

いろいろドタバタではあったものの新年はさっそくGoogleHomeを一通り使ってみたリポートでスタートだ。

個人的にはGoogleHomeもいいけどAlexaも気になるが

This blog is Sponsored by...

2017年12月31日日曜日

2017年今年買って良かったもの3選

仕事納めも昨日で無事終わり大晦日

というわけで今年のブログ納め、今年の総括として今年買って良かったガジェット系3選で締めくくる。

1.NAS

これと付け合わせで買ったのが東芝のエンタープライズHDD、MG04ACA500E。
これでローカルのデータをNAS上に移行、データのアクセスもこれで一元化できたのが大きい。ただファイルの整理はともかくもiTunesの楽曲データが余りにも多いことと、日ごろの多忙でまだ整理できてないのが難点。(いうなれば引っ越しした時のままでまだあっちこっちに引っ越し段ボール箱が部屋に散らかってる状態、こればかりは早く何とかしたい)
それでもNASの導入でいろいろと捗ることになったのは言うまでもない。

2.GoogleHome Mini

が、ちょうど商戦期の多忙さや部屋の大掃除でいろいろゴタゴタだったのでまだ開封すらできてない…。
といっても個人的にもいろいろ興味深いしいろいろと期待の一品ではある。

3.ikey


今年の暮れに気になって買った。USBポートに挿すだけで自動設定されるしWindowsHelloの設定でパスワード入力の手間も一挙に省力化できたということで非常に意義のある買い物だったことは言うまでもない。加えて3000円程度の安さというのも筆者の評価ポイントである。

以上が私が2017年の今年買って良かったもの3選だ。
改めてよいお年を

This blog is Sponsored by...

2017年12月22日金曜日

ikeyの指紋認証が秀逸でいろいろ捗る

なんとなくよさげな感じがしたので買ってみた

ikey

USBタイプの指紋認証リーダー、値段は\3980と微妙に高め。
形状としては小型のUSBメモリのような形、ヘタをすると無くしかねない。


特別何か設定が必要というわけではなく、USBポートに挿すだけで終わり、設定は全部自動でやってくれるのでこれといった操作がいるわけではない。単純に認証系のアプリの設定で指紋認証を使う設定をするだけで済む。
Windows 10であればWindows Helloが使えるので筆者はさっそくこれで設定をした。
Windows Helloの設定といっても基本的にやることはiPhoneなんかのTouch IDのそれと一緒。


手順はWindowsの設定から「アカウント」→「サインイン オプション」→「Windows Hello」の項目の指紋認証のセットアップで開始


あとは指紋の登録とPINコードの設定で完了。Windows Helloの設定はパスワード管理ツールとの紐づけ設定もできるので汎用性が非常に高い。


実際に使用した感じ。

捗る

とにかく捗る

ガチで捗る

基本的に筆者は超絶ものぐさな性格なのでパスワードのタイプミスでテンションやら気力が根こそぎ削られる性格である、だがこのikeyの導入で指紋リーダーに触れるだけで一瞬でログオンできるしパスワード管理ツールのログオンもこの一触れで一発完了。

SynologyのNASGoogleHome Miniに続いて筆者の2017年今年買って良かったモノの一つである。

This blog is Sponsored by...

2017年12月9日土曜日

雑記:Google Home Miniを購入


3000円と安かったので衝動買い

どう使っていくかはこれから考える。

反省も後悔もクソもない(キリッ)。

とりあえず設置したNASのストレージ整備がまだ進んでないのでこっちもいい加減進めないとマズい。

This blog is Sponsored by...