2017年5月24日水曜日

雑感:ロボアドバイザーに向いてる人と向いてない人

たまには柄にすらない資産運用ネタでも

最近ロボアドバイザーが話題だ。有名どころを上げるとすればウェルスナビTHEOなどがそうで、主としては海外のETFを中心に買い付け・運用・売却や分配の再投資を全て自動で運用するという資産運用サービスの事を言う。

筆者自身も新卒で就職して数年経ってからと遅まきながらもインデックスファンドの積立投資を細々とやり始めていたのもありこのサービスは結構気になっていたので、改めて調べてみたが筆者にとっては真っ先に感じたのは「あ、自分にとってこれはないわ」という印象。というわけでタイトルの通りに分けてこの印象を説明しようか。

ロボアドバイザーに向いてない人

・すでにインデックス投資をやってる人

おそらくだが、インデックス投資をすでに実践してる人の大半は自分なりにアセットクラスやアセットアロケーションのポートフォリオを組んで運用していると思うが、やはり一番厄介なのは逆にロボアドバイザーによってそのアセットアロケーションが狂ってしまうというのが難点と言える。自動運用と言っても機械の意思決定と人間の意思決定はまず一致しないし場合によっては本人の思うような運用ができないという点がデメリットと言える。
後はコストが盲点、実質的にはロボアドバイザーを通してETFを買うのでロボアドバイザーというファンド・オブ・ファンズ(別の投資信託に対して投資をする投資信託)の投資信託と言える。なのでコストもロボアドバイザーの手数料+ETFの信託報酬なのでやはり多少なりにもコストがかかってしまうという点も無視はできない。

・単純にカネを増やしたい人

ロボアドバイザー以前の話。それならFXとかCFD取引でレバレッジかけてやった方が手っ取り早い。当然ながらその分リスクは大きいし素人がやったとこで大ヤケドして有り金吹き飛ばすのがオチだが。といっても中には自動運用を都合よく解釈している御仁もそうそういないとも言えないが。とはいえかくいう筆者も初めてロボアドバイザーなるものを聞いたときはそんな風に解釈してしまった時がありました。

逆にロボアドバイザーに向いてる人

・これから投資を始める人でかつ、まとまった資金がある人

全くの初心者でこれから資産運用を始めるというのなら話は別。ウェルスナビはスタートラインが100万円とやや高いもののTHEOならば10万円とスタートラインが低いので初めて資産運用をする場合にボーナスが入ってきたタイミングでその半分を放り込むような形での運用もできるし変に銀行員や証券マンの口車に乗せられてぼったくりまがいのミョーチキリンな投資信託を買うよりははるかに良い。そういう意味ではまとまった貯金があってこれから資産運用を始めようという人にとっては一つの福音とも言える。

まとめ

ロボアドバイザー自体は完璧な金融商品やサービスとは言えないがそれでも今まで銀行や証券会社によって売られてきた投資信託なんかに比べればはるかに秀逸なサービスといえる。すでに積立投資である程度資産運用慣れしてる人にとっては不向きな節も言えるがこれから資産運用を始める人にとってはベターな選択肢の一つとも言える。とはいえ資産運用や金融商品や運用方法、スタイルは十人十色、三者三様なので各自十分に調べ上げたうえで始めよう。

というわけで資産形成とかロボアドバイザーとか投資のよもや雑感はこの一言で締めくくろう

~ロボアドバイザーは最悪の金融商品らしい。ただし、これまでに売られてきたあらゆる投資信託や金融商品を別にすればの話だが~

あと余談、最近ですがSBI証券が5/19からiDeCoの手数料を無料にするというアナウンスを出しましたね。筆者もつい最近iDeCo口座をSBIに移しましたが、やったぜSBI!!

※注意
当記事はあくまでも個人の所感に基づくものであり特定の金融商品の購入を推奨するものではありません。また、投資においては元本の損失を被る恐れがあることを理解したうえで最終的な決定判断は全て自己の責任において行いましょう。

This blog is Sponsored by...

2017年4月4日火曜日

新しい定期券(付きクレカ)と新しいパスケース

京王線ユーザーにとっては画期的なカード「京王パスポートPASMOカード VISA」がリリースされたという知らせを受けて今まで使ってた定期券、そしてPASMO、京王パスポートカードを全部まとめようともくろみ早速申し込んだ。

無事審査も通過して新年度切り替わりと同時に使用開始


カードフェイスもモノトーンを基調としたシックなデザイン。
で、京王線地帯での買い物や定期券、PASMOオートチャージ付きなので今までいちいち現金チャージで券売機に並ぶ手間も省けるのでますますキャッシュレス生活が捗る予感だ。

おそらく財布を持たなくてもこの1枚だけで外出できてしまうといっても過言ではない。

で、問題。



今まで使ってた定期入れはカードフェイスがほぼむき出し状態。
クレジットカードをそこに入れるのも筆者としてはそこはかとなく使い心地の悪い印象があるし何よりカードがあっという間に傷だらけになってボロボロになってしまうのが嫌というのもあって新しくしようかと悩んだがそれを一掃するアイテムが出た。
今回買ったそのアイテムがこれ、残高表示機能付パスケース『nocoly(ノコリー)


といっても単にPASMOやSuicaの残高確認ができるだけのパスケースであってそれ以上の機能はない。が、筆者が気になったのはカードがむき出しではなくすっぽりと中に入る構造であるのが気に入って即購入。




サイズはカード大、裏側にスライド用の取り出し穴があるだけ、電池はリチウム電池で動く。


実際にセット、カードを差し込むだけでOK


カードはすっぽりと、残高表示もバッチリ。


肝心のセキュリティ面においてもカード裏のサインやセキュリティコードは隠れるので安心だ。

実際に使ってみたところでは、カードと同じサイズでものすごくスリム。かさばらないし何よりもカードがすっぽり入るので傷だらけにならないという点ではベストな一品。カードの申し込みも合わせて今年の買ってよかったものの一つに早速入った。


2017年2月10日金曜日

自前のルーターを導入してレンタルしてるBBユニットを返そうと思ったが失敗した話

長いタイトルだが表題の通り

自分用のルーターを買ってきて設置してソフトバンクの光BBユニットを返却しその分のレンタル料を削減して月の通信費を削減しようと試みたもの。

ソフトバンク光の場合、光BBユニットがあるが実は光BBユニットはレンタル品で月540円取られるという代物。(当然ながら無くしたり故意に壊したりした場合は弁償することになる場合もある)

今回買ったのはAterm WG1200HS

チープなルーターだけど単純にPCとスマホをネットに接続するだけのレベルで複数台のPCやらNASやらを同時に接続して無理くりな使い方はまずないので筆者にとっては十分なレベル。

さっそく設置

まず配線、のちリンクアップを確認。その後はブラウザから設定画面を開いてソフバン光のPPPoE情報を書き込んでルーターを再起動するだけで完了。 ルーターそのものは5000円強、月540円のレンタル料基準で見ても1年も使っていれば元は十分とれる見込み。


お役御免のルーター、当初は返却を試みるが安易に返却できないということが判明。

で、今回の返却できないという罠にはまったのはソフバン光に問い合わせた時に判明。オペレーターに返却の旨をすかさず申し出たら。

「あのー…、恐れ入りますが現在ソフトバンク光とソフトバンクモバイルのおうち割を契約されている場合、ルーターを返却した場合はレンタル料はかからなくなりますがおうち割も外れることになるので月の料金が高くなる場合があります。」

え・・・。( ゚д゚)ポカーン

何ということ。
一瞬フリーズするもなんとかならないかと軽く粘ったところBBフォンオプションパック(主に050通話オプション)とBBサポートワイドサービスを外すことで安くなることが分かり今回はルーター返却まではいかずともこれらのオプションを外すことで通信費削減という目的は達成できたのでまあまあ良しというところ。というか050オプションはまず使ったことすらないしテクサポに至ってはこれまでのネット回りをほぼ自己解決してきた筆者(その前に自宅のPCも自前で組み立てているうえに元インフラSEにして秋葉原のパーツショップという本職だが)にとってはまず無用と判断し速攻でこのオプションを外す判断。というか契約内容しっかり見ろや自分。

ただ筆者としては携帯電話はMVNOに乗り換えること、と合わせて光回線もソフバン光から乗り換えることを検討しているので遅かれ早かれソフバンとはおさらばする予定である。

おまけ




最近MSIのアップデートツールでSmartToolなるものがインストールされ何なのかと開いてみたところどうやらXHCIドライバのインストールメディアの作成ツールのようである。SmartToolではintel 200シリーズに対応したという文言があるがintelとMSはWin7のサポートはSkylakeまででKabylakeではWin10以前のOSは一切サポートしないという旨のアナウンスを出しているのでKabylakeでWin7インストールはぶっちゃけ自己責任といったところ。(と、いうかWin7のインストールメディア自体が店頭に出回ってるかどうかすら怪しい)

と言っても既にWindows10にとうの昔にアップグレードした筆者には正直無縁の話である。

その前に筆者はいまだにHaswellでやりくりして3年目に差し掛かっているが。

2017年1月8日日曜日

自作PC編こんなものいらない:内蔵型の光学ドライブ

まず冒頭に、2017年の初投稿ということで改めてあけおめアゲイン(雑)

と、今更新年の挨拶もあれなので早速本題へ

現在のメインマシンを組んでから約3年ほど、内蔵型の光学ドライブは実のところOSインストール以外で使ったことが数える程度の回数しかない。

内蔵型の光学ドライブはこういうの↓


5インチベイ内蔵型の光学ドライブ自体はDVDのみで1000円ほど、Blu-ray対応でおよそ7、8000円の相場だが5インチベイの内蔵型を買うメリットはないといっても過言ではない。

光学ドライブを使う機会は大部分はOSインストールで終わってアニメや映画などの視聴と言っても大抵の場合はAmazonビデオやNETFLIXのストリーミング配信で事が足ることが多い。

加えてPCパーツの中でも光学ドライブのトレイを出し入れするベルトの劣化がダントツで早いというのもその理由だ。


大多数のユーザーはOSインストール以外での利用は滅多にないので光学ドライブを用意するならUSB接続のポータブル光学ドライブを買った方が遥かに利便性も良いだろう。
デスクトップPC、ノートPCと環境を選ばないことと出先でも使えるという点、必要な時だけ使えばよいという点ではコストパフォーマンスもはるかに高い。

今の自作PCケースでは5インチベイを初めから持ってないケースも多いが、5インチベイに光学ドライブをセットするという必要性も徐々に薄れてきている。

5インチベイの存在意義

では5インチベイが「いらない子」なのかというと、それも「否」。
5インチベイの最大のメリットを挙げるとすればそのスペースの広さと拡張性だ。

例えばケースファン用のファンコントローラやUSBなどの追加用インターフェースのフロントパネル、あるいはHDDやSSDのマウンタといった形で工夫次第でいくらでも拡張性を拡げることができるというのが5インチベイのメリットだ。



このようにマウンタの選び方ではSSDを2台追加するといったことも容易にできる。

5インチベイのスペースはぜひ活用してほしいものである。

2016年10月29日土曜日

Advent Calendar作りました

2016年も終わりが近いので自作PC業界人としても今年の総括もかねてAdvent Calendar作りました。

参加者鋭意募集中です。

皆さん自作PCネタやPCパーツにまつわるネタでどんどん応募してください

↓ ↓ ↓

http://qiita.com/advent-calendar/2016/build-pc-diy

2016年10月13日木曜日

駄文:Amazonプライム申し込んだら人生が捗った話

今の部屋に引っ越して間もなく1年間

正直、引っ越したい('A`)

引っ越し前に安いのとフィーリングで即決してしまったのもありいざ実際に引っ越してから感じたのがこの通り


うん、まさにこの通り。

・地味に日当たりが悪い&ぼろい(夏場はカビが生える)
・駅が地味に遠い(徒歩15分)
・おまけに電車は各駅停車しか止まらない
・小さい食料品スーパーしかないうえに品ぞろえが悪いので買い物も不便

で、買い物周りで一つ考え付いたのがこれ

「そうだ、Amazonプライム登録しよう」

筆者自身今までもKindleとか食料品なんかでしばしば使ってたのでこれを機にAmazonプライム登録

所感

実際、捗る

特に筆者が重宝しているのがAmazonパントリー

食料品、日用品をまとめて買うことができるスグレモノ。

実際筆者も自炊用の食糧以外の食品や日用品は大抵パントリーでまとめて発注している。


注文した商品はこんな感じの箱で届く。


で、中身はこんな感じ。パントリーそのものは注文時は商品の大きさや重量で箱を占める割合が変わる。(小さいものや軽いものほど割合は小さく大きいものや重いものほど一つ当たりの割合が大きくなるので買い物の際はそこに注意、後はパントリー手数料は1箱290円かかるので極力100%に近い数字に合わせて注文しよう)

後はお急ぎ便や日時指定便も使えるので小売業の店舗勤務という仕事が忙しい&休日がイレギュラーな筆者にとってはこれも非常に助かるサービスである。

あとはAmazonプライムビデオで映画やアニメ、TV番組なんかも見放題なのもありがたい。
(たぶんTSU**YAとか〇オなんかに行く必要もなくなる)

ぶっちゃけ

年会費3900円で食料品と日用品のまとめ買いができて、かつ配送の日時指定や速達注文もできて、おまけにレンタルしなくても映画やTV番組もすぐに見れるというのは正直筆者としてはコストパフォーマンスが良すぎるといっても過言ではないです。

と、Amazonプライム登録したらいろいろ捗ったという駄文です。

出来れば今の部屋引っ越したい('A`)

あとついでに今欲しいもの一覧もあげときます。

2016年9月24日土曜日

ノートPCのHDDもSSDに換装して爆速化

以前のメインマシンの改装で余ったSSDを持て余していたので当初は買取りに出そうと考えていたが一つ思いついたことがある。

持ち出し用のウルトラブックのシステムドライブのSSD換装である。

ちなみに筆者が使ってるウルトラブックはAspire S3-391-F54D


スペックは以下の通り
・CPU: Core i5-3317U(1.7GHz)
・メモリ: DDR3-1600 4GB
・ストレージ: 500GB(HDD)+20GB(mSATA SSD)※

※mSATA SSDはスリープモード用の領域のため通常のドライブとして使えない

で、今回は以前のメイン機の改修で使い終わった東芝のSSDに組み替えるという内容



SSDとPC本体以外で必要なもの(主にハードウェア)

・SATA/USB変換アダプタ(主に「裸族シリーズ」など)
※例としてはこういうの↓


・HDDケース※推奨
データ移行だけではなくデータ移行後のHDDを外付けHDD化させたりなど使い道としてはこっちの方がベスト
今回筆者が使っているのはこれ↓


・エアダスター
必ずしも必須ではないがマシン内部のクリーニングであるとよい。意外とCPUクーラーの冷却ファンは埃が詰まってる。



作業手順

1.リカバリーメディアの作成
2.データ移行ソフトによるクローン化
3.HDDの取り外しとSSDの交換
4.動作確認、問題なければここで終わり。何かトラブルがあった場合はリカバリー

1のリカバリーメディア作成は今回は割愛。必須というわけではないが万が一以降失敗の際に備えて作っておこう。

2.データ移行ソフトによるクローン化。

あらかじめSSDをHDDケースに格納し接続



当初はメインマシンのAcronis Trueimageを使うことを検討していたもののいちいちHDDを引っこ抜いたりメインマシンに配線したりというのは正直言って面倒だったので今回はそのまま、EaseUS Todo Backupを利用。有償版もあるが単にストレージの中身をクローン化させるだけであれば無償版で充分。

基本的には画面の指示に従うだけでよい。


画面右上の「クローン」をクリックして開始。


「ソース」(移行元のHDD)を指定する。作業には確実を期すためにもCドライブだけではなく物理ディスクは全て指定。HDD0にチェックを入れ、すべてのパーティションが選択されていることを確認する。


ターゲットディスク(移行先のSSD)を指定する、ここでもソースディスクの選択と同じく物理ディスクの選択でチェックを入れる。また、今回は移行元HDDよりもサイズの小さいSSDへの移行となるため、「SSDに最適化」に必ずチェックを入れておこう。



あとは「実行」→「OK」をクリックすると開始される。



クローン化自体はおおよそ2時間半ほどかかった。「完了」をクリックしてそのまま終わり。後はSSDに入れ替えるだけ。

そして本丸

HDDとSSDの入れ替え


本体を裏返し、裏蓋を固定するネジ12本をすべて外す、また真ん中の保証シールははがすことになるので実質メーカー保証は放棄する形になる。


左上がHDD、そしてその下にあるのがmSATA SSD。


HDDの固定ネジは上側に黒いネジが1本だけ。あとは周囲の固定用の粘着テープを剝がすだけで取れる。ただ、この時に周囲の配線を切ったり傷つけたりしないことだ。HDDはアルミシャーシに取り付けられているので同じくネジを外してシャーシから取り出し同じ要領でSSDをセットして逆の手順を行えばそれで完了。(SSDセットしたとこの写真撮り損ねた…)
また、SSDの場合は7mm厚が多く2.5インチベイが9㎜厚さだった場合は別途9mm変換用のスペーサーが必須となる。が、今回のHDDはもともと7mm厚だったのでケースを買えるような必要もなかった。

後は起動確認、幸いにも問題なくWindowsが立ち上がりシステムドライブもCドライブとして認識されたので無事完了といえる。

もし起動が上手くいかなかったりエラーが発生した場合はリカバリーを行おう。


SSD換装結果

今までの動作のもたつきが嘘のように早い(実測値:HDD時代はデスクトップ常駐ソフトが完全に動くまででも4分近くかかったものがSSD換装で1分半までに短縮)
今回の改修で出先でノートPCを使う場合でも一気にストレスなく使えるレベルまで引きあがったのは本当に良い。


今度はこちらが外付けになる模様

これでSSDも持て余さずかつノートPCの超高速化にも成功したのでQOLがさらに上がったのであった。